ドライヤーは風量の大きさで選ぶ テスコム TID1100-w

5.0
生活家電

数年間使ったドライヤーが壊れ、新しいドライヤーを買いました。

ドライヤーは風量の大きさで選びました。

選んだのは、テスコム TID1100-w 元々使っていたドライヤーの後継機です。

実機レビューを掲載していますので、ぜひご覧ください。


ドライヤーの原点は乾かすこと

ドライヤーは、さまざまな家電メーカーが多くのモデルを発売しています。

静音なモデル、小型のモデル、高額なプレミアムモデルなど、選択肢があります。

しかし、ドライヤーとして求められるのは、濡れた髪を乾かすこと

更に突き詰めれば、いかに速く、濡れた髪を乾かすことが出来るか?

この原点を忘れてはなりません。


速く乾かすためには、風量の大きさを重視

速く乾かすためには、風量の大きさを重視

壊れてしまったテスコムのドライヤーも、大風量(1.6㎥/分)で良かったのですが、流石に後継機ということもあり、パワーアップしていました。

お伝えしたいのは、非常に強力な、1.9㎥/分 の大風量です。

従来機(1.6㎥/分)でも、髪が乾く時間が圧倒的に短くなりましたが、流石の後継機です。

参考のレビュー動画にて、その風量を疑似体験して頂ければと思います。

動画の後半に入れていますが、本体後部のホコリが溜まるフィルターを外して掃除することが出来るのも、実用性を踏まえてテスコム社のドライヤーの進化を感じます。


【参考動画】

テスコム TID1100-w


進化を続けるテスコムのドライヤー

本体後部のフィルターが外せる

メーカーのホームページにも、記載されていますが、「いつものドライ時間を約4分短」というのも、納得できる速乾性能です。

<参考>https://www.tescom-japan.co.jp/products/tid1100


以下、良いところ、悪いところ を簡潔にまとめました。

<良いところ>

  • 大風量(1.9㎥/分で、髪が乾くのが速い
  • 4箇所からマイナスイオンが発生する
  • 本体後部のフィルターが外せるため、ホコリが掃除できる
  • スマートなデザイン(白がオススメ)
  • 価格が安い


<悪いところ>

  • 騒音が大きい(風量を弱くすれば、音は静かにできる)
  • テスコムという会社の知名度が高くない ※ドライヤー業界ではメジャーです


コスパ重視の大風量

マイナスイオンヘアードライヤー TID1100

もし、速乾性能とコスパを重視した、ドライヤーをお探しの方には、このドライヤー「マイナスイオンヘアードライヤー TID1100」を自信を持ってオススメしたいです。

乾く時間が短いと、時間短縮・電気代節約につながります。

温風にしなくても短時間で髪が乾いてしまうので、髪を傷めないためにも大風量はオススメです。

ドライヤーは、有名メーカー(ダイソン、パナソニック)の製品もありますが、必要以上の機能が付いて高価なモデルもあります。ドライヤー本来の機能を重視するなら、「キレイをつくる」会社をめざすテスコムの製品に好感が持てます。

<参考>https://www.tescom-japan.co.jp/company/policy.html


テスコム (TESCOM) ドライヤー マイナスイオン付 ione ホワイト TID1100-W
created by Rinker
テスコム(Tescom)

コメント