まだ電気ポットで消耗してるの? t-fal 電気ケトルで快適に切り替え

生活家電

コーヒーやお茶を入れる時、必要な分だけ沸騰したお湯が作れる、それがエコで高コスパな電気ケトルの存在意義です。

まだ電気ポットで、使わない時間も電気を消費している方に、是非オススメしたいガジェットです。

実際に、どのくらいでお湯が作れるのか検証動画もあります。(驚きの結果が!)


電気ポットから電気ケトルへ

電気ポットから電気ケトルへ
ティファール ケトル 0.8L アプレシアプラス

私自身も、電気ポット(いわゆる湯沸かしポット)を愛用し、いつでもお湯が使えて、お茶・コーヒー・カップラーメンを作る時に、重宝していたものです。

しかし、この電気ケトル(t-fal 電気ケトル)に出会っててから、その不動とも思えた電気ポットの座は奪われ、今では、家に湯沸かしポットはありません

数年前、何気なく、電気ケトルを使い始めた結果、電気ポットのほぼ全ての課題が解決できて、今でもお気に入りとして使っています。

電気ケトルの最大のメリットは、必要な時、必要な分だけお湯を沸かすことが出来て、電気の無駄が無く、お湯を入れっぱなしにする必要が無いため、衛生的な所です。


t-fal 電気ケトルのメリット・デメリット

あっ!という間にすぐ沸く

電気ケトルのメリット、デメリットをまとめます。

※特に、電気ポット派の方は、参考にして頂けると嬉しいです。

<メリット>

  • 電気ポットの様に、使わない時に電気を使う必要がない
  • 電気ポットの様に、お湯を入れっぱなしにならず、衛生的
  • 沸騰した直後のお湯が使える。
  • 小型のため、場所を取らない
  • 電気ポットの様に、水を補充する必要が無い


<デメリット>

  • 電気ポッドに比べて、お湯を沸かす時間が必要がある
  • 小型のため、2Lのお湯などは、一度に沸かせない
  • 注ぎ口から、お湯が溢れやすい


※実用上の、唯一の欠点は、「注ぎ口から、お湯が溢れやすい」です。

ゆっくり注ぐと、ポタポタと溢れるので、勢いよく注ぐのがコツです。


t-fal 電気ケトルの湯沸かし時間の検証

もっとも、価値のあるレビュー動画は、湯沸かし時間のレビューだと思いますので

カタログ上、140mLを50秒ですぐ沸く と記載があるので、実際に検証した動画を作っております。

ぜひ、参考に見ていただければと思います。

水道水を計量カップで140mlを計量し、時間測定した動画です。

この時間、待てるかどうか、それが勝負の分かれ目になると思います。

t fal 電気ケトル沸かす時間の検証動画

※BGMは、私が大分昔に作った打ち込み曲です。

<役に立たない音楽ブログはこちら:参考>https://www.kinsen.work/


t-fal 電気ケトルのまとめ

今回、湯沸かし時間を計測してみましたが、いかがでしたか?

普段、電気ケトルを使っている私としては、カタログスペック以上の感覚でしたが、想定よりも時間が掛かったので、自分でも驚きました。

実際に使う時は、適量の水を入れて、電気ケトルのスイッチをONしてから、コップを取り出し、コーヒー・緑茶・紅茶のティーバックなどをコップに仕込むため、それほど待ち時間を感じずに、沸き立てのお湯が直ぐに出来る感覚になると思います。

電気ポットから電気ケトルに切り替えるメリット5項目

  • 外出時も寝る時も電気で保温が必要なくなる
  • 水の補充が必要なくなる
  • カルキ(石みたいなもの)が溜まる心配がなくなる
  • 電動ポンプの中も掃除できない心配がなくなる
  • 設置する場所が少なくなる


電気ケトルは、無駄が無く、衛生的。余計な機能が無くシンプルです。私のような面倒臭がりで、コスパ重視の方には、非常にマッチします。

電気ポットの買い替え時期の方は、ご紹介したような電気ケトルに切り替えると、生活がより快適になりますので、ぜひ検討してみてください。


鉄板の電気ケトルと言えば、T-falです。自身を持ってオススメします!


見た目も、衛生面も見た目もメリット大の洗えるガラスの電気ケトルもあります。



こちらの記事が少しでも参考になると嬉しいです。

コメント