【Razer】BlackShark V2 X の実機レビュー

パソコン関連

在宅ワークで長時間利用を想定したヘッドセットをお探しの方は、【Razer】BlackShark V2 Xが有力な選択肢です。レビュー記事を掲載しておりますので、是非ご覧ください。


【Razer】BlackShark V2 X に期待すること

在宅ワークに、ヘッドセットは欠かせません。

毎日、長時間利用すると、ヘッドセットは老朽化してきます。

私が使っているヘッドセットは、老朽化が進んだため、後継機を探す事にしました。

今まで使っていたKrakenについは、以下の記事を参考にご覧ください。

<参考>OneOdio A71-D ヘッドセットの実機レビューとKrakenとの比較

※冷却ジェルが注入されたクッションが特徴です。


以前、秋葉原の実店舗で試して、付け心地が良く気になっていた【Razer】BlackShark V2 X を実際に購入し、在宅ワーク用の後継機として試す事にしました。

期待することは、在宅ワークでの実用性を想定した長時間利用での快適性です。

※個人的には、安定性を重視するため、3.5mmの有線接続を選択しています。

それでは、レビューをご覧ください。


【Razer】BlackShark V2 X の実機レビュー

実際に購入し、1ヵ月半ほど在宅ワークで使ってみた所、期待通りに長時間利用でも快適に利用できました。

知名度が高く高評価のヘッドセット:Kraken と比較しても、本体重量が軽量、マイク感度が良い、フィット感が高い と感じます。

本体の色は、黒・緑・白の3種類がありますが、個人的には白が気に入りました。

不安視されている細い金属のワイヤーの強度については、今の所問題はありません。※余程、踏みつけ事故などが無い限り、簡単に壊れる事は無いと感じています。

BlackShark V2 Xのイヤーカップと単三乾電池の比較

イヤーカップの大きさは、縦長ですが、耳が収まる大きさが確保されており、大きさが不足し耳が痛くなる事はありません。

Krakenと比較し、より耳にフィットして収まる感じがします。

左:Kraken、右:BlackShark V2 X のイヤーカップ比較
Krakenのイヤーカップと単三乾電池の比較

実際に使用したイメージやマイクテストについて、以下の参考動画をご覧ください。


参考動画

【Razer】BlackShark V2 X レビュー動画

※Krakenとの比較もあります。

<訂正>比較したのは、Kraken XではなくKrakenでした。

【Razer】BlackShark V2 X の良い所・悪い所

<良い所>

  • 本体が軽量(240g) ※Kraken X が322gなので、比較すると大幅に軽量
  • 耳のフィット感が高い
  • マイク感度が良い
  • 音質が良い ※周波数特性:12Hz~28kHzで、音楽視聴にも十分
  • デザインが良い
  • 音量とマイクON/OFFスイッチ搭載


<悪い所>

  • マイクが折り畳みできない
  • ワイヤーが細く、強度が不安になる ※実際に強度は問題ないと思います
  • Bluetooth非対応 ※このモデルはBluetooth非対応です


【Razer】BlackShark V2 X のまとめ

実際に在宅ワークで1ヵ月半ほど使ってみた所、長時間でも快適に利用できることが検証できました。

本体が軽量(260g)な事マイク感度が良い事耳のフィット感が高い事など、今まで愛用していたKrakenを上回って、更に快適になったと感じます。

それに、このデザインにも気に入っています。※白がおススメ

個人的には、Bluetooth 対応モデルは、重量増加・音質低下・電池切れのリスク・価格のデメリットあるため、3.5mmの有線タイプが最適な選択だと考えています。

在宅ワークの長時間利用を想定したヘッドセットとしては、コスパも含めて、有力な選択肢になると思います。

コメント