まだ使えるノートパソコンを安く中古で選ぶ方法

パソコン関連

こんにちは、こういちです。
IT業界22年でパソコンには詳しいです。
気がついたら、中古の安いノートパソコンを買って1年半ほど経過していましたので
今回は、ノートパソコンの安い中古に関する最新情報をお届けします。

まだ使えるノートパソコンを安く中古で手に入れられるのは本当?

ノートパソコンをお探しの方、新品の値段は高くて悩んでいませんか?
特に、貴方が本当に欲しいノートパソコンは20万を超えて高過ぎ・なんて思っていませんか?
でも、妥協して気に入らないノートパソコンを買うのも、どうかと思いますよね。

「中古は安いらしい」ということ聞いて、検討してみたいな とお考えの方には良いと思います。
今回の話が参考になればと思います。

まだ使えるノートパソコンは安く中古で手に入れられます!

まだ使えるノートパソコンは安い中古で手に入る? その答えは、YES!です。
ノートパソコンの安い中古は、実用性もあるし、とんでもなくお得なんです。

「古いから性能もだめなんじゃない?」
そんな疑問があると思いますが、その答えは
「5年前のPCは、今でも全く問題い性能が性能がある」です!
動画編集・3Dゲームでもやらない限り、中古で全く問題ありません。

ただし、注意するポイントがありますので、そこを分かりやすく解説していきます。

次に
「なんで、そんな安いの? 怪しくない?」
こんな疑問があるとしたら、大量に中古が出回る仕組みを知っておくと良いです。

安い中古品の秘密は減価償却

パソコンの「減価償却」って、ご存知ですか?
会社では、経費として計上できるパソコンの耐用年数は4年です。

そこで、本当はまだ使えるノートパソコンに会社から中古市場へ大量に流れて来る訳です。

発売から、4年~5年くらい経過すると中古品が流れてきます

4年~5年くらい前のまだ使えるノートパソコンが安い中古になって再利用されているのです。

ここに目をつけた中古パソコンショップが、しのぎを削って価格競争しているから安く
業界での評価・評判を向上するため、保証・サポートが高く、安心できるのです!

通常は、中古パソコンショップが保証を行いますが
更に、以下の様なメーカーによる直接保証が付く中古品もあります。
 NEC Refreshed PC
 IBM Refreshed PC
 ※メーカーによる製造・診断・修理のノウハウを活用して再生した中古品というものです。

まだ使えるノートパソコンで安い中古の選び方

それでは、どこを選べば良いかを簡単に解説します。
適当に買うと失敗しますので、ここだけはおさえてください。

【必須1】SSD搭載を選ぶこと

SSDとは、ソリッド・ステート・ドライブの略で、半導体メモリをドライブのように使います。
データへのアクセスが非常に高速なのが特徴です。
昔は、HDD(ハードディスク)というカリカリ音がする記憶装置を使っていました。
今となっては、HDD搭載のパソコンは遅くて耐えられないので、必ずSSD搭載を選びましょう。
HDD搭載モデルでも、中古パソコンのショップ側で、SSDに換装してくれるサービスが用意されている事が多いです。

【必須2】Windows10 にしましょう

Windows8.1 は、2023年1月10日にサポートが終了します。
必ず、最新のWindows10がインストールされているパソコンを選びましょう。

【必須3】メモリは4G必須。できれば8Gを!

通常の利用では、4Gあれば問題ありません。
今後も踏まえて、8Gを買っておけば安心です。できれば8Gを!
ただし、最大が4Gで増設不可の機種は、オススメしません。
今回は、4Gとする場合でも、後で増設可能かを最大メモリ容量で確認しましょう。
※メモリ4Gのモデルでも、中古パソコンのショップ側で、メモリを増設してくれるサービスも用意されている事が多いです。

【必須4】用途別の液晶サイズ

<外に持ち運びする場合
液晶モニタのサイズは、12インチ、13インチがオススメ
持ち運びで、最も重要なのは軽さです!
必ず重さは、1.2Kg以下にしましょう。

<液晶の解像度>
液晶の解像度で、代表的なのは、以下の3種類です。
 1920×1080:フルHD
 1600×900:WXGA++
 1366×768:FWXGA

最も標準的な解像度は、1366×768:FWXGAです。
しかし、これでは画面に表示できる量が少ないので注意。
Excel表の作成など、細かい作業には、細かい解像度が必要です。

1920×1080:フルHD ならば申し分ありません。
少なくとも、1600×900:WXGA++ の液晶を選びましょう。
結論:液晶の解像度は、1600×900以上が必須。

参考:解像度1600×900でEXCELを開いた直後の写真

解像度:1600x900でEXCELを開いた直後の写真
私のレッツノート(解像度:1600×900)エクセルを開いた直後の表示


MicrosoftOfficeは、無しが安くてオススメ!

Officeが付属していない方が安いのでオススメです。
Officeを買っても、年数が経過するとサポートが切れます。
しかし、サブスクリプション「office365」を利用する場合は、常に最新OFFICEが利用できるだけでなく、クラウドの大容量ドライブも利用できます。

【最終チェック】CPUの性能

CPUはパソコンの頭脳にあたります。
必要以上に高性能であっても、持て余すだけなので
問題無い性能かを確認しましょう。

多くの解説、お店では「Core i7」「Core i5」がオススメと言います。
しかし、古い世代や、タブレット用のCPUは、遅いので注意しましょう。

<【知っておくと便利】CPUのモデル名の一番下のアルファベット>
実際のノートパソコンの中古としては、「U」や「Y」、場合によって「M」があります。
この下のアルファベットが異なると、性能が大きく変わりますので注意しましょう。
まった、i7-のあとの数字は、世代を表します。
現在のintelCPUは、最新が10世代ですが、安い中古として第6世代が流れ出した所です。
今の狙い目は第6世代

モデル名の一番下のアルファベット
参照:Intelの公式ページより

上の図では、「G7」の部分ですが、古い世代では、だいたい1文字です。
普通ならU、古い世代でMというものもあります。
<モデル名の一番下のアルファベット>
 S:デスクトップPC
 H:高性能ノートPC
 M:古い世代でのモバイル用
 U:モバイルノートPC
 Y:タブレットPC

まだ使えるノートパソコンの安い中古を探してみよう

最近、出回ってきた第6世代のCPUを搭載したモデルで掘り出し物を探すのが狙い目です。
更に古い5世代や4世代のモデルの値段が大きく下がったので、狙った価格の中で目的に合ったノートパソコンの安い中古を探してみましょう。

オススメの価格帯
 ズバリ、2万円~4万円 が狙い目。

まだ使える中古ノートパソコンは、掘り出し物を見つけた時が買い時です!

掘り出し物は、他の人から見ても掘り出し物なので、直ぐに無くなる可能性が高いです。
しかし、急いで失敗しないように最終確認しましょう。
早めに最終チェックが出来るように、CPU性能の一覧を用意しました。
良さそうなノートパソコンが見つかったら、以下表でCPUの最終チェックしてみてください。
選んだマシンのCPU性能を数値化した「Pass Mark」の値を記載しています。
Core-i7、Core-i5が良いと言っても、種類がありますので、念の為、スコアをチェックしましょう。
以下は、安い中古ノートパソコンで代表的なCPUの一覧と実用評価をまとめました。
私が満足して実際に使っている、ノートパソコンのCPUは、Corei5-5300U です。
このスペックで、通常のExcelやブラウザやyoutube、更にプログラム勉強なども一切問題ありません。
※私は、メモリ8Gにしていますが、実質半分位しか使われていません。


【まだ使える安い中古ノートパソコン用:CPU一覧評価表】
<実用評価:凡例>※IT業界22年、PC歴22年の経験による評価です。
◎:余裕を持って問題なし。性能を使い切らないレベル。
○:問題なし。実用上、全く問題が無い。
×:遅い。場面によって遅さが気になる。

CPU世代CPUモデル名Pass Mark実用評価
6世代Corei7-6600U4735
6世代Corei7-6500U4303
6世代Corei5-6300U4281
6世代Corei5-6200U3983
6世代Corei3-6100U3576
5世代Corei7-5600U4218
5世代Corei7-5500U3960
5世代Corei5-5300U3717
5世代Corei5-5200U3465
5世代Corei3-5020U3122
5世代Corei3-5010U3042
4世代(M)Corei7-4600M4784
4世代(M)Corei5-4200M3991
4世代(M)Corei3-4000M3180
4世代(U)Corei7-4600U4055
4世代(U)Corei5-4300U3708
4世代(U)Corei5-4200U3202
4世代(Y)Corei5-4200Y2333×
4世代(Y)Corei3-4020Y2150×
3世代(U)Core i7-3517U3588
3世代(U)Core i5-3317U3082
3世代(U)Core i3-3217U2286×
3世代(M)Corei7-3520M4479
3世代(M)Corei5-3210M3732
3世代(M)Corei3-3110M3016
2世代(M)Core i7-2620M3787
2世代(M)Core i5-2410M3139
2世代(M)Core i3-2310M2389×
初代(LM)Core i7-620LM1917×
初代(LM)Core i5-430UM1296×
初代(LM)Core i3-330UM1057×

参考:https://btopc-minikan.com/note-cpu-hikaku.html

まだ使えるノートパソコンの安い中古は、専門店で探しましょう

最後に、まだ使えるノートパソコンの安い中古を選ぶ重要ポイントをまとめておきます。
適当に値段だけで選んで、見落として失敗しないように、これだけはチェックしてください!

まだ使えるノートパソコンの安い中古を選ぶ重要ポイント

  1. SSD搭載を選ぶこと
  2. Windows10のモデルにすること
  3. メモリは4G必須。できれば8G。最大メモリで増設可能を確認。
  4. 持ち運び用途は、1.2Kg以下にする
  5. 液晶の解像度は、1600×900以上にする
  6. CPUの性能は、CPUモデルで確認する


おまけ:オススメのメーカー ベスト5

おまけ、ノートパソコン探しの参考に中古でオススメのメーカーを5つ紹介します。

  • パナソニック・・レッツノートは、定番の手堅い選択。(私はこれです)
  • レノボ・・thinkpadシリーズは、堅実な作りが人気。赤ポチのトラックポイントも便利。
  • 富士通・・FMV LIFEBOOKは、今が買いのモデルです。薄くてフルHDの液晶も安いです。
  • DELL・・ビジネスで定番の実用モデル。格安で手堅い作りです。
  • HP・・アルミボディーも多くビジネスの定番。掘り出し物も多いです。


参考:おすすめの中古パソコンショップ

おすすめの中古パソコンショップ専門店を、たくさん紹介しておきます。
どの店も、安く保証も充実しています。
これを見ると新品で買う選択肢が無くなりますよ。
貴方の探しやすい店を選んで、安心して、掘り出し物を探し当てて下さい!

参考1:【秋葉原中古PC通販OraOrA】
参考2:業界最安値宣言!高性能・低価格のパソコン通販は【UsedFun】
参考3:中古パソコンはBe-Stockで!最短即日配送!安心半年無償保証!法人掛売対応
参考4:ThinkPad専門店 Be-Stock
参考5:激安中古パソコンショップ【junkworld】
参考6:アウトレット・中古パソコン専門店【PC─X】
参考7:中古パソコン通販 パクス
参考8:ノートパソコンが1万円~ お買い得の中古PC

安心の専門店を使って、まだ使えるノートパソコンを安い中古で手に入れましょう!

CPUの性能は、もう十分に性能が高いので、最新モデルなんて不要です。
5年前に20万、30万位で売られていたノートパソコンが、中古で3万円代で買える便利な時代。
だから、中古パソコンショップの業績が伸びているです。
もし、知らなかったら損です。

私も使っている、コスパ最高の中古ノートパソコン。手に入れてから生活スタイルも広がりました。
スタバにノートパソコンを持ち込んで、ちょっと良い感じ!
デスクトップパソコンをお持ちの方は、モバイルノートパソコンを買うと、生活スタイルが広がるのでオススメです。

コメント