【Glocusent】クリップライト(Type-C充電式)実機レビュー

5.0
照明

読書は好きですか?

特に、寝る前に読書するのが好きなのです。

今回は、最近の悩みを解決してくれた【GLOCUSENT】の読書灯を実機レビューします。


就寝前の読書に専用のライトが欲しい理由

今回レビューする「GLOCUSENT」のクリップライト

私は、就寝前の読書が好きなのですが、光に敏感なので、出来るだけ眼に優しい光を求めました。

そこで、Kindleを使って内蔵しているLEDを使って読書していました。

しかし、最近、Kindleには売っていない紙の本も読みたくなり、この悩みが始まりました。

真っ暗な部屋では、眼が疲れるため、部屋の照明を常夜灯の最小設定にすると、上から照らされる光が眩しく、なんとも悩ましい悩み状況でした。

そこで、解決できる照明を探すことにしました。

私が選んだ贅沢な条件は以下です。

  • 寝る態勢で使用したときに照明の光が直接眼に来ないこと
  • 小型であること
  • LEDで熱を持たないこと
  • デザイン性が高いこと
  • コスパが良いこと

それでは、実際に購入して使ったレビューをお伝えします。


【GLOCUSENT】クリップライトの実機レビュー

ケース開封

シンプルでオシャレな箱を、箱を開けてみると、本体と付属品・マニュアルが入っています。

思ったよりも小さな印象で、このサイズなら、邪魔にならなそうです。

このクリップライトは、充電式なのですが、しっかりフル充電されて届けられていました。

フル充電で最大80時間も使用可能というのは、使い方も広がりそうです。

 Type-C充電式(最大80時間使用可能)

上記のように、Type-C充電なのが良いです。


それでは、実際の照明で、3つの色温度を試してみましょう。

昼白色:昼白色(5000K)
電球色:電球色(1600K) ※オレンジ
暖白色:暖白色モ一ド(3000K)

上記の様な3種類の色温度、5段階の輝度がタッチスイッチで設定できます。

デザイン性は、思った通りで、格好良いです。


【GLOCUSENT】クリップライトの解説用動画

2種類の解説動画を用意しました。

是非、本体の質感・光・操作感を知るために役に立ててください。


色温度・輝度

【Glocusent】クリップライト(色温度と輝度)
【Glocusent】クリップライト(色温度と輝度)

上記の動画は、色温度・輝度を変更して、変更できる幅を解説しています。

動画の後半では、部屋の照明を完全に消した状態で撮影しています。


アーム調整・操作性

【Glocusent】クリップライト(アーム調整・操作性)
【Glocusent】クリップライト(アーム調整・操作性)

上記の動画は、アームの調整、クリップ部分の構造、タッチスイッチ操作を解説しています。


就寝前の読書に使用した実体験レビュー

ここからは、就寝前の読書で、実体験によるレビューです。

就寝前の利用に限らず、参考になると思います。


実際に就寝前に本を読んだレビュー

Kindleには、LEDが内蔵されていて、寝る前の読書も可能ですが、この【Glocusent】クリップライトを使うと圧倒的に眼が楽です。

当たり前ですが、真っ暗な中より、軽い照明があった方が眼に優しいことが、体感できました。

写真にすると差が分かり難いですが、就寝前の読書が快適になりました。(見事に寝落ちしました)

照明なし
照明あり

実際には、紙の本が快適に読めるようになりましたが、写真に映らないので、こちらが代替です。

Kindleの使用についても、就寝前の読書で、更に眼に優しくなりました。

<参考>Kindle Paperwhite 10世代の徹底レビュー


寝室へのクリップライト設置方法

寝室へのクリップライト設置方法

上記の様に、眼に直接光が当たらず、本を照らすようにして設置して使っています。

ベッドの上に挟める所があったので、クリップで設置。アームで頭の上から本を照らしています。

今までは、就寝前に読めるのは、Kindleだけでした。

しかし、このクリップライトによって、紙の本も快適に読めるようになりました。

以下が私のオススメ設定(就寝前読書用)です。

  • 電球色(1600K) ※オレンジ
  • 5段階調光の最弱設定
  • 頭の後ろから照らす


電球色(1600K)は、電球というよりオレンジ色です。

最初、こんな極端な色は使わないと思っていましたが、実際には読書に最適でした。

※1600Kは、ブルーライトカットなので、眼に優しいです。


【GLOCUSENT】クリップライトの特徴まとめ

最後に、【GLOCUSENT】クリップライトの特徴をまとめます。

  • 照明の設定幅が豊富(3種類の光、5段階の輝度)
  • 充電式(Type-C充電式:最大80時間使用可能)による快適なコードレス利用
  • デザイン性が高い
  • 小型・軽量で、持ち運びも可能
  • 調整アームは、光の角度調整が快適な軽さ
  • LEDで熱くならないから寝る時も安心

就寝前の読書用途では、全く問題が無く、実際に購入して大満足という結果でした。

他の用途でも、活躍の幅が広がりそうな 【GLOCUSENT】クリップライト の実機レビューでした。



この記事が参考になると嬉しいです。

ありがとうございました。

コメント