【プラス】Garage 配線整理 ワイヤーケーブルトレー 昇降式デスクでの活用を実機レビュー

家具

昇降式デスクの配線整理の課題

昇降式デスクの配線整理の課題

昇降式デスクを使って、もう1年以上が経過しています。

少しづつガジェットが増えたことで、配線も増えてきました。

お気に入りの昇降式デスクを昇降させた時に、配線が引っかかる事も増えてきました。

いろいろ工夫して、電源タップを裏にして両面テープでテーブルの下に張り付けていましたが、そんな苦労にも限界を感じてきました。

そして、仕事が、ほぼ完全在宅となり、業務用ノートPCの常設が確定した時点で、この状況を解決するガジェットを探す事になりました。

そこで、見つけたのが、今回ご紹介する「ワイヤーケーブルトレー」です。


ワイヤーケーブルトレーに期待したこと

ワイヤーケーブルトレーに期待したこと

ワイヤーケーブルトレーに期待するのは、シンプルに言うと配線整理です。

しかし、昇降式デスクでの利用やガジェットの量を考慮して、選定には気を使いました。

以下の様なポイントが重要と考えました。

<選定のポイント>

検討要素気になること
トレーの縦の長さ昇降デスクを一番下げた時、下に設置しているデスクトップPCなどに干渉しないか
トレーの横の長さ電源タップやアダプターなど、できるだけ多くトレーに乗せたい
今のデスクで設置できるサイズであること
耐久性トレーの耐久性
トレーの取り付け部分がシッカリしていること
見た目今のデスクにあう色合いと形状にしたい
トレーの形状 電源タップやアダプターの設置、配線もやりやすい形状
ワイヤーケーブルトレー選定のポイント


メジャーで長さを測り、今の机に設置できるかは事前にチェックしましたここだけは必須です

しかし、実際の製品を使って見ないと分からない所もあります。

それでは、次の実機レビューをご覧ください。



ワイヤーケーブルトレーを実際に使って分かったこと

実際に使って分かったことを、良い所・良くない所に分けて、実機レビューをお伝えします。


ワイヤーケーブルトレーの良い所

選定時に気にしていたポイントに対する検証結果は以下の通りで、何も問題ありませんでした。

検討要素気になること検証結果
トレーの縦の長さ昇降デスクを一番下げた時、下に設置しているデスクトップPCなどに干渉しないかOK
予定通りで干渉せず
トレーの横の長さ電源タップやアダプターなど、できるだけ多くトレーに乗せたい
今のデスクで設置できるサイズであること
OK
予定通り設置できた
耐久性トレーの耐久性
トレーの取り付け部分がシッカリしていること
GOOD
予想よりシッカリ
見た目今のデスクにあう色合いと形状にしたいOK
イメージ通り
トレーの形状 電源タップやアダプターの設置、配線もやりやすい形状OK
不満なし
ワイヤーケーブルトレー選定のポイントの検証結果



実際の形状や大きさは、以下の写真の通りです。

横100cmの机の上に置いた写真

ご紹介しているのは、Lサイズ(横幅63.7cm)です。Sサイズ(幅39.7cm)もあります。

机に設置できるならば、大きい方をオススメします。



<参考>

①クランプ部には、緩衝材が付属しており、利用する事でシッカリ取り付けられます。

本体に付属する緩衝材

②クランプ部の安定した装着のため、このように緩衝材シールが付属しています。

緩衝材のシールを貼ります

③簡単に貼れますので、是非利用して、シッカリ安定してデスクに設置しましょう。

緩衝材を貼った状態



<参考動画>
1.設置強度と本体強度について

【プラス】Garage 配線整理 ワイヤーケーブルトレー 実機レビュー(設置強度と本体強度)

設置強度・本体強度の参考のため、ご覧ください。

カタログ上、最大積載量は5kgなのも時間できます。

本体も2.5Kgで、手で持つと重たいですが、それだけに頑丈です。


2.昇降式デスクでの利用イメージについて

【プラス】Garage 配線整理 ワイヤーケーブルトレー 実機レビュー(昇降デスクでの利用イメージ)

昇降式デスクで使った時のイメージです。

昇降式デスクについては、以下で紹介しています。

【参考記事】:【FLEXISPOT EC1】在宅勤務に最適な電動式スタンディングデスクのレビュー
 ※天板は後から120cm→100cmに交換しています。


以下に実際に使って分かった良い所をお伝えします。

<使ってみて分かったこと良い所>

  • Lサイズのトレーは、予想以上の収納力で、まだ余裕があって安心。
  • 思ったより頑丈で、机にシッカリ固定される。※最大5Kgの収納力は、本当だと思いました。
  • 配線や設置などの自由度が高いトレー形状


ワイヤーケーブルトレーの良くない所

良くない所を見つけるのは難しいのですが、3つをお伝えします。

<使ってみて分かった良くない所>

  • 金属製でズシリと重い。※シッカリしている証拠。
  • 縦の長さは、もう少し短くても良い。※余裕があって良い面もある。
  • これを利用したからと言って配線問題が全て解決する訳ではない。※過度な期待。


ワイヤーケーブルトレーのまとめ

ワイヤーケーブルトレーは、昇降式デスクを使っている方が抱える配線問題の解決のため、大きく貢献すると実感できました。

もちろん、昇降式デスクでは無くても、配線問題の解消として、活躍できると思います。

電源タップや、アダプターの数が多い方は、非常に重宝すると思います。

もちろん、ワイヤーケーブルトレーを導入すれば、配線問題が全て解決する訳ではありません。

しかし、導入するだけでも、その効果は体感できるレベルだと思います。

最後に、選定のポイントを3つに絞ってお伝えします。

<ワイヤーケーブルトレー選定のまとめ>

  • 机に設置できる範囲でなるべく大きい方が良い ※デスクの裏で見えないため、大きくて問題なし
  • トレーは、自由度の高い形状が良い ※木の実の形状をどうぞ
  • シッカリ固定できて、頑丈な作りが良い


今回、ご紹介したワイヤーケーブルトレーならば、安心して使えると思います。


Sサイズ2点セットなどのバリエーションもあります。デスクの都合によって選んでみてください。

設置可能かは、こちら(天板の厚み:18mm~30mm、奥行き:45mm)をチェックしましょう。


この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

コメント