【MAXROCK】寝ホン ワイヤレスイヤホン(Tp-103-4-hei)実機レビュー

5.0
オーディオ

あなたは、寝ホン(Sleeping Headphones)に興味はありますか?

寝ホンとは、寝る時の使用で耳が痛くならず、そのまま快眠できるイヤホンのことです。

寝ホンに興味のある方は、ぜひレビューをご覧ください。


ずっと寝る時のイヤホンに不満

寝る時に、リラックスした音楽や、大自然の音などを聴いて眠りたい時はありませんか?

目を閉じたまま、役に立つ情報を聴きながら眠りたい時もあるかもしれません。

私も、そう思った一人です。

しかし、寝る時の利用では、不満を感じていました。

<寝るときの不満>

  • 横向きになると、枕にイヤホンが当たって耳が痛くなる
  • 横向きになると、押し潰されて音が聞こえなくなる
  • 寝返りや布団に引っ掛って、イヤホンが外れてしまう
  • ケーブルが引っ張られて、スマホが落下してしまう

そこで、登場するのが、寝ホン(Sleeping Headphones)です。

このニーズに応えるイヤホンがありました。


寝ホン(Sleeping Headphones)にも、ワイヤレスが存在する

【中身】寝ホン ワイヤレスイヤホン(Tp-103-4-hei)

寝ホンの中で、多くの機種は有線タイプです。

しかし、寝ホンにも、ワイヤレスは存在します。
※私は、なかなか見つけられず、試しに買うか悩み続けていました。

有線タイプの方が、値段も安く機種も豊富ですが、先程の<寝るときの不満>を可能な限り解消するためには、ワイヤレスタイプの選択をオススメします。

でも、実際に使ってみるまで、本当に解消されるか分からないものです。

そこは、是非、以降の実機レビューをご覧ください。


寝ホン ワイヤレスイヤホン(Tp-103-4-hei)の良い所・悪い所

【MAXROCK】寝ホン ワイヤレスイヤホン(Tp-103-4-hei)の装着イメージ

以外とケーブルが長い印象ですが、以下の通り、実際に使ってみると問題はありませんでした。

逆にケーブルが短すぎると、脱着時に使い勝手が悪くなるようにも思えます。

<良い所>

  • 横向きになっても耳が痛くならない
  • ケーブルの長さは、寝る時に支障は無い ※逆に打着時に便利なくらい
  • 起きたときにも、イヤホンが外れていない
  • 軽くて柔らかく装着感が無い
  • 本体もイヤホンも質感が良い
  • 音楽視聴にも十分な高音質
  • ヘッドセットとしても使える

<悪い所>

  • バッテリーの持続時間が6時間と短い ※寝る時には十分。充電時間は30分~40分程度
  • 充電は、USB-typeB ※typeCだと完璧だった
  • ケーブルが長め ※引っ掛かることは無いが、見た目が気になる
  • Bluetooth4.1 ※5.0だと完璧だった


寝ホン ワイヤレスイヤホン(Tp-103-4-hei)のコントローラー部

寝ホン ワイヤレスイヤホン(Tp-103-4-hei)のコントローラー部

コントローラー部では、3つボタン(「+」、「機能」、「ー」)があり、マイクも付いています。

カバーを外すと、充電用のUSB-TypeBの端子が出てきます。

すべすべしたシリコンの質感は良好です。


寝ホン:ワイヤレスイヤホンとの大きさ比較

寝ホン:ワイヤレスイヤホンとの大きさ比較

※寝ホン(Tp-103-4-hei)と、通常ワイヤレスイヤホン(zero audio twz-1000)の比較。

寝ホン(Tp-103-4-hei)のイヤホン部が非常に小さいことが分かると思います。

通常のワイヤレスタイプのイヤホンは、比較的耳に装着する部分が大きいため、横向きで使うと耳が痛くなりがちです。

通常ワイヤレスイヤホン(zero audio twz-1000)では、左右がボタンになっており、寝ていると意図せずにボタンを押してしまうことも発生していましたが、寝ホン(Tp-103-4-hei)なら、まったく問題ありません。


寝ホン:実際の装着イメージ

寝ホン ワイヤレスイヤホン(Tp-103-4-hei)

実際の装着イメージです。

イヤホンが小さく、耳の中に収まって、寝る時に痛くならないことは伝わると思います。

柔らかいシリコンの肌触りも良いです。

また、首に引っ掛ける本体は非常に軽量で、耳への重さは全く感じないレベルで快適です。

線が長いのが気になると思いますが、実際に寝る時や、装着時には見た目に比べて気になりません

使ってみた考察としては、脱着時に、ある程度は線が長くないと自由度が無くなって不便だから、この長さなのだろうと思いました。

少なくとも、有線タイプに比べたら、引っ掛からないと思います。


実際に寝る時に使用したレビュー

実際に、寝る時の使用についての総合評価です。

上記の<良い所>で記載しましたが、装着感が無く、ケーブルの長さも実用では気になりません。

何より、起きた時にイヤホンの装着が外れていなかったことからも、確実に合格点です。

これから毎日、快適な睡眠導入に、この寝ホンが実際に使えるのは楽しみです。

思ったより音質が良いのは嬉しい誤算です。

良い音に包まれて睡眠導入できるのも大事ですよね。

ただし、USB規格・Bluetoothバージョンから見ても、世代が古いことは少し残念です。

非常に軽い装着感により、快適さを感じます。

寝ホンとしての使用に限らず、他の場面でも、使いたくなる実用性の高いワイヤレスイヤホンです。


【まとめ】寝ホン ワイヤレスイヤホン(Tp-103-4-hei)の実機レビュー

寝ホン(Tp-103-4-hei)は、寝る時の使用で耳が痛くならず、そのまま快眠できることを実機で確認できました。

健康のための取り組むべき優先順位は、睡眠>食事>運動 の順で、睡眠は、最も大事と言われます。

現代の睡眠アイテムとして、「寝ホン ワイヤレスイヤホン(Tp-103-4-hei)」は非常に高い価値があると思います。

正直、有線タイプの寝ホンにしなくて良かったと思っています。

もし、寝ホンを検討されている方には、こちらの商品を自信を持ってオススメします。

この装着感は、きっと寝るとき以外でも、使いたくなりますよ。


この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

コメント