プロジェクト マネージャー に なるには

仕事

IT業界では、プロジェクトマネージャーは、花形ですよね。

私はプロジェクトマネージャー経験が10年以上あります。

プロジェクトリーダーと兼務の役割も多かったです。

でも、プロジェクトマネージャーって、どうやったらなれるのでしょうか?

今回は、フリーランスでPM業務を行っている私の経験をお伝えします。

ありきたりの記事では、役に立たないので、私の個人的な意見を強めで書いてみます。


プロジェクトマネージャーになりたい理由は?

プロジェクトマネージャーになりたい理由は?

あなたは、なぜプロジェクトマネージャーになりたいですか?

給料が高いからでしょうか?

プロジェクトマネージャーは、自分で勝手になれるものは無いですよね。

あなたから光るものを感じて、PMに抜擢される必要があると思いますので、上司に気に入られることも必要な資質かもしれません。

現場の中で、他にやれそうな人が居ないので、消去法でPMの役割を担う場合もあります。

実際の所、はっきり言って、現場によって、プロジェクトマネージャーは、十人十色です。

もちろん、レベルもピンキリで、中には、肩書だけで実態が伴っていないケースも見てきました。

あなたは、なぜ、プロジェクトマネージャーになりたいのでしょうか?

  • やりがい
  • 待遇
  • 自分でコントロールできる
  • 技術面が苦手だから
  • 人と話すのが好きだから

それでは、もう少し細かく見ていきましょう。

プロジェクトマネージャーの良い所・悪い所

プロジェクトマネージャーの良い所・悪い所

プロジェクトマネージャーは、良い所だけではありません

では、具体的にどんな所が良く、どんな所が悪い所でしょうか?

私の主観を強めでお伝えします

<良い所>

  • 給与面の待遇が良い
  • 多くの裁量が与えられ、多くのことが自分で決められる
  • 自分で進行・戦略が決められる
  • 顧客への強い影響力を持てる
  • プロジェクトの最高責任者


<悪い所>

  • 進捗の遅れに対して、責任をもってリカバリーに動く必要がある
  • 顧客と問題が発生した場合、責任をもって問題解決、関係修復に動く必要がある
  • 足りないリソースの中で、工夫して良い方向に持っていくことが求められる
  • 常に順調な進行は、ほぼ無く、常にストレスを抱える
  • 性格の悪い顧客やメンバーとも、我慢して最善に持っていく行動が求められる

待遇が良いのは、それだけの事が求められているので、ストレスは多いです。

しかし、「何とか、この逆境を自分が指揮して乗り越えて行く」という最大の楽しみがあります。

RPGの勇者みたいな役割です。


プロジェクトマネージャーがやるべきこと

プロジェクトマネージャーがやるべきこと

ここからは、私の経験から得たものをお伝えします。

プロジェクトマネージャーがやるべきことは、非常に多いです。

これだけ、やっていれば良いというものは、ありません。

例えば、毎日のように、技術的な課題、対応漏れ、進捗遅れ、体制の問題、顧客とのトラブルが次から次への湧いてきます。

これを、いかに先読みして、対策を早めに打つかが求められます。

なるべく早く課題を拾うための工夫、できるだけ早い対策を打つ大事なのは言うまでもありません。

そこで大事なのが、プロジェクトが動いているメンバー全員の動きをつかむことです。

人の性格や、業務のリスク、顧客の性格、技術的レベルなど、全体が効率よく、円滑に動けているかを把握し続けることが大事です。

常に、神経を研ぎすませて、プロジェクトの状況を把握する必要があります。

そして、迅速に的確な具体的な手を打つことです。

プロジェクトマネージャーが、何か決定するとき、とりあえず早く決めるのは間違いです。

しっかり正しい判断を行う必要があり、決定には明確な根拠がないとダメです。

いろいろ考えられる選択肢の中で、なぜこれを判断したか、自信をもって説明できる判断が必要ですが、これが出来ない人が多いと感じます。

これは、組織のリーダーにも言えることで、立場が偉くなると、ただ決めることが役割と勘違いして、きめたから、何とかしてやれ という光景は、たくさん見てきました。

ただ決めるだけは、崩壊に向かわせる勝算の無い突撃です。

限られた時間で、いろいろな選択肢を実現方法まで含めて考えた上で、決定するのです。

「PMが責任を持つから、この方法で対策していこう、理由はこうだ」
という戦略を含めて決定が求められるのです。


プロジェクトマネージャーになるために必要なスキル

プロジェクトマネージャーになるために必要なスキル

特に、求められることをまとめました。

特にコミュニケーションに必要なのは、仲良く・たくさん話す事ではありません。

大事なのは、伝えたいことを正確に相手に伝える力。理解しやすく伝える力です。

そして、相手が言いたいことを正しく聞くこと。

言葉だけではなく、相手の状況から判断し、言いたいことを理解することです。

そして、プロジェクト全体を予測するため、全メンバーの活動の様子をリアルタイムに把握し

ここは大丈夫、ここは怪しい、このあたりが危険そう、という経験を踏まえた想像力を使って、迅速に課題発見することも非常に大事です。

<プロジェクトマネージャーに大事なスキル>

  • 論理的な思考
  • 安定したメンタル
  • 正しく伝える力
  • 正しく聞く力
  • プロジェクト全体の変化を予測するための想像力

非常に基礎的なスキルになりますが、プロジェクトマネージャーになるために、これらを意識してスキルを磨いておくと、本物の成功へ導くPMになれます。


以下、即戦力になるオススメの本です。

ぜひ、この本で本物のプロジェクトマネージャーになってください!

PMBOKは第7版が出ると思いますが、資格取得より、知識として役に立ちます。





だいぶ主観の強い記事になりましが、少しでも参考になればと思います。

コメント