映画鑑賞:テネットを見て人生を振り返る

映像

クリストファー・ノーラン監督の最新作「TENET テネット」を見ました。
IMAXで見たので、迫力が倍増して怖かったです!
子供の頃に見たら、泣き出したと思います。
映画テネットは、今の自分に置き換えて考えさせられるメッセージを受け取る映画でした。
何か考えを広げる参考になればと、人生を振り返った考察をまとめます。

TENET(テネット)を見て考えたこと

貴方は「毎日の学校や仕事が苦痛」とか「最近つまらない世の中だな」と感じていませんか?
そんな方が、記事を読んで人生の見え方が前向きに変わったら幸いです。

ただし、映画の捉え方は人それぞれ。
貴方が映画を見て素直に感じたことを大切にしてくださいね。
これを機会に、ノーラン監督作品を全部チェックしてみたいと思います。
私も、まだ見ていない映画がありました。
「インターステラ」や「インセプション」も、プライム会員なら無料で見れるのでオススメです。
「メメント」も同様ですが、この映画とテーマのつながりを感じてオススメです。

TENET(テネット)から受け取った、人生のポイント3

衝撃的な映像と音によって描かれるSF作品。
時間がテーマのようですが、実は人生の本質が描かれています。
技術は進歩しても、人間の本質は、わりと昔から変わらないのかもしれません。
貴方にお伝えしたい「人生のポイント3」は以下です。

  1. 人生は、自分で道を選択できる
  2. 人との絆が、人生を豊かにする
  3. 今を生きる事が大切

ここからは、ネタバレを避けながら、テネットのシーンに置き換えて説明します。

人生は、自分で道を選択できる

予定された任務に従わず、自分の考えに従って行動。結果、良い成果を得たシーンがありました。
自分の頭で考え、自分で道を選択し、行動する事。これが可能性を作ったと思います。
人生は、自分で道を選択できることを再認識させてくれます。

人との絆が、人生を面白くする

主要な登場人物の間は、様々な絆が描かれます。
ある時は苦しい鎖、ある時は心強い信頼でつながっています。
その絆による葛藤が、ストーリーを面白くしていることに気が付きました。
人生を面白くするものは、きっと絆です。
嫌な人の存在も、人生を面白く演出してくれていることに気が付きました。

今を生きる事が大切

未来を変えるために、過去に戻る場面では
変えようとする行動自体が、今の行動を表す印象的なアクションシーンでした。
私も貴方も、行動できるのは「今」しか存在しないのです。

TENET(テネット)とつなげて学んでみよう

考察:人生は、自分で道を選択できる

貴方も、本当は意見が違うのに、つい他人に合わせてしまうことってありますよね?
しかし、ここぞと言う時には、自分で考え決断・選択すると、案外上手くいくものです。
IT業界22年の私は、6年間の中堅Sierから、レベルアップのため自分で考え、ベンチャー企業への転職を選択。その後の努力もありますが、課長・部長と成果を得ました。
このように、自分の頭で考えて、選択し、行動すると良い成果が得られます。

考察:人との絆が、人生を面白くする

アドラー心理学のアドラーの言葉「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」は有名です。
この言葉を逆にすると、楽しみも人間関係という事。
要するに人との絆が人生を豊かにしてくれるのです。
ドラマや映画が面白いのは、主人公と敵、ライバルや仲間との絆があってこそ。
人生は、貴方が主役のドラマだと思って、絆の相関図を思い浮かべてください。
IT業界22年で、いろいろな嫌な人とも関わり衝突もしました。しかし、価値観や考え方の違いがあり衝突するからこそ、自分との違いを味わう事が出来るのです。

考察:今を生きる事が大切

「今を生きる」というのは、「マインドフルネス」の考えとも言えます。
脳科学でも、その効果が実証され、アメリカの超大手企業GoogleやFacebookなどでも取り入れられています。
ホリエモンの言葉でも、「人生には”いま”しか存在しない」など、同じ考えを持っているようです。
キモいと思われるかもしれませんが、仏教の教え「今を生きる」にも通じていると思います。

TENET(テネット)とつなげたまとめ

今回の「人生のポイント3」について、まとめです。

1.人生は、自分で道を選択できる
 会社が嫌ならいつでも辞められる
 いつでも、自分で選択できる事を頭に置いておこう。

2.人との絆が、人生を豊かにする
 人生は、自分が主役のドラマ。
 嫌な人も仲間も、人生を豊かにしてくれるもの。
 嫌な人がいたら、名脇役の演技に感謝しよう。

3.今を生きる事が大切
 過去を振り返って悔やんだり、まだ来ていない未来に絶望しても、何も進まない。
 人生の時間には限りがある。何も進まないことに時間を使う価値がありますか?
 行動できるのは「今」だけ。「今」に時間を使おう。

それでは、また。

コメント