欲しい物がない・なんとなく探している人へ

ガジェット

こんにちは、こういちです。
IT業界22年、ちょっとした便利アイテムを探すのが大好きなアラフィフです。

欲しい物はありますか?

あなたは、欲しい物がありますか?
この時代、わりと必要なものは、そろっている人って多いですよね。
次に「何か良い物は無いかな~」と思ってネットを探していませんか?

もし、あなたが大金持ちで、10兆円を持っているとしたら何を買いますか?
家、高級車、高級時計、ブランドもののバッグ、・・・
色々と高額なものがたくさん出て来たと思います。

何のために買っているのでしょうか?
買ったら何が手に入るのでしょうか?
一緒に考えて見ましょう。

欲しい物を手に入れた、その先にあるもの

今やキャンプ系Youtuberになったヒロシさん
芸人の四畳半の貧乏暮らしから、最高月収4,000万になった経験を語ってくれています。

参考:「月収4000万円」稼いだヒロシがたどり着いたお金の価値観 @hiroshidesu0214

お金で買える欲しかったものを全て手に入れた先に
衝撃の事実・・
「何もなかった。」


もちろん、人によるとは思いますが
高額な欲しい物を買っても
自分が求める「本当に手に入れたい状態」は手に入らないことが多いみたいです。

ここでいう「本当に手に入れたい状態」とは、
「人生の豊かさ」「幸せな心」のようなもの思います。

あなたが、高額なものを持っている人を羨ましいと思っていたから
自分も同じ様に手に入れたいと望んだだけかもしれません。
だから、それを手に入れても、「本当に手に入れたい状態」にはならない。

欲しい物は、「人生の豊かさ」「幸せな心」にしてくれるものであれ

欲しい物は、「人生の豊かさ」「幸せな心」にしてくれるものであれ
「人生の豊かさ」「幸せな心」

高額、高級で、人に羨ましがられるものでは無く
自分が本当に手に入れたいものを実現する手助けをするものを探そう

いろいろな「欲しい物」があることを知ろう

例1:人生を豊かにするために読書

もちろん本を手に入れて読むことは、人生を豊かにします
本を買う、kindleを購入して更に快適な読書をする
これは、自分が「本当に手に入れたい状態」につながる欲しいものかもしれません。

例2:一日の疲れを癒やすリラックスタイム

アイマッサージャーで、寝る前に癒やしのひとときを持つこと
これは、日々のストレスと眼精疲労を緩和することで「幸せな心」につながるかもしれません。
参考:眼精疲労を治すアイマッサージャー(Tech Love TL105A)

例3:掃除ロボで時間短縮

掃除ロボに自動で掃除してもらい、掃除の時間を短縮する
これも、時間が有効活用できて、「人生の豊かさ」を手に入れられる助けになるかもしれません。

例4:大切な人を喜ばせるプレゼント

大切な人が喜びそうなお菓子、文房具、花などを買って届ける
実は、これ相手も喜びますが、自分の「幸せな心」、積み重ねて「人生の豊かさ」につながっています。
プレゼントした大切な人から「ありがとう」と思われることが「本当に手に入れたい状態」ですよね。


例は、他にも無限に出せると思います。

ここで、お伝えたい事は
欲しい物は、「人生の豊かさ」「幸せな心」につながるものであるべき
決して、「他人に羨ましがられるためのもの」では無く
「自分を豊かにしてくれるもの」を探しましょう。

欲しい物を手に入れて人生を豊かにする

人って、どうしても他人をみて比べて、悩んだりする生き物です。
他人からの評価を、いつも気にしてしまうのです。
でも、何か欲しい物を探す時はチャンスです!
先程、お伝えした自分が「本当に手に入れたい状態」につながるものを見つけるヒントなのです。
手に入れたら「人生の豊かさ」「幸せな心」が少しでも手に入るかな?
少しでも「自分を豊かにしてくれるもの」を意識すると
これを手に入れて、自分が何をするか、行動を変えるチャンスがやってきます!

人生を豊かにする本質は、行動を継続すること
しかし、行動を継続するための習慣化が難しい
この習慣化のため役立つものを、ぜひ「欲しい物」として探してみてください。

手に入れて、そこから行動の習慣化がスタートする。

たとえば、Kindleがあれば、読書量は確実に増えるでしょう。
パソコンがあれば、新しく勉強を始めることが増えるでしょう。

まとめ:人生が豊かになるものを手に入れよう

あなたが、何となく「欲しい物」を探しているとしたら

欲しい物は「人生の豊かさ」「幸せな心」につながるものであるべき
決して、「他人に羨ましがられるためのもの」では無く
「自分を豊かにしてくれるもの」を探しましょう。

記事を書いている時は、amazonプライムデータなので
私も何か探してみたいと思います。

コメント